京に咲く梅-おうすの里-祇園本店

店名 京に咲く梅 おうすの里
商品 献上梅など梅干多数、梅昆布茶、梅にんにく、梅ぽんずなど
お値段 梅干は約1000円程度~、その他は700円前後くらい

店内に入ると商品としても置いてある梅昆布茶をいただきながら、様々な種類の梅干を試食させていただけます。
まず最初にびっくりしたのが、この梅昆布茶のおいしさです。梅の適度な酸味と昆布のうまみが絶妙です。今まで飲んだ梅昆布茶で一番おいしい!

そして店員さんに好みの味を伝えると、どんどんお勧めのものを出してもらえます。
小梅やはちみつ梅、中には一粒500円も超える大きな宝玉神梅なんていうものもあります。
もちろんすごく肉厚で、味もまろやかでとてもおいしかったです。お客様がみえた時のお茶請けに良いですね。

梅干はやはり中間梅の献上梅辺りが、酸味と塩分がちょうど良くとても食べやすいです。梅干の種類は20種も超える程あるので、自分好みの梅干を探せるのではないでしょうか。
他にもお勧めは、梅にんにくです。にんにくの香りが苦手なので普段はあまり食べる事が出来ないのですが、おうすの里の梅にんにくは全然違います!にんにくのあの臭いが全く後に残らないのです。
ご飯のお供についついいっぱい食べ過ぎてしまいます。

通販はおうすの里の会社に電話をするとカタログを貰えるそうなので、そこから注文出来るそうです。
ですが、初めて食べる方は是非、試食の出来る店舗に直接行かれる事をおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ