料亭岩本のおせち

京都府京都市東山区祇園町南側570-127

いろんなお店のものがあって、いざ選ぼうとすると迷ってしまいそうです。すごく高価なものは、どんなお家の人が買うんだろうと思います。我が家のように、安い値段で、いいものがあれば、通販を利用しようかな、と思いますが。
祇園といえば、我が家からわりと近いので、親近感がわきます。豪華な感じで、おいしそうです。でも、祇園というと、高級なイメージがします。お正月にご馳走を食べて贅沢をしたい人向けでしょうか。何だか我が家には、格式が高いような感じがします。
自分で作ると面倒です。特に大晦日は大忙しです。大掃除もしなくてはいけないのに、おせち料理も作らなくては、それに、年越しそばも、とどんどん用事が増えます。
それに、自分で作ると、味付けなどで失敗してしまうことがあります。年に1度しか作らないので、分量などがうろ覚えになってしまっていて、うまく作れないときがあります。そうなると、家族に迷惑をかけてしまいます。
料亭のおせちなら、そういう失敗なんてありません。少なくともそれなりにはおいしいはずです。とりあえずは安心できます。

岩本の店内の印象

落ち着いてゆっくりとお食事できそうな感じがします。カウンターや、中庭を眺められる席などもあっていいと思います。そのときの気分で、席を選べられます。京都市に住んでいながら、京の風情を感じる暇もないので、たまにはこんなお店で寛いでみたいな、と思います。


通販のおせちの実際は?

何もしなくても、すぐに食べられて、楽です。自分で盛り付けると、ありきたりの盛り付けで、いまいちきれいに仕上がりません。家にある食器を使うことになるので、あまり特別な感じもしません。でも、盛り付け済みだと、いかにもご馳走という感じがして、家族も食欲がわいてくるのではないかと思います。
早割だとさらに安くなるのは嬉しいことです。でも、10月中におせち料理を決めてしまうなんて、我が家ではできそうもありません。11月の息子の誕生日会のことも考えなくてはいけないのに、もうお正月の予定が決まっているはずがありません。そんなに早くに注文する人がいるのかと思います。料亭のものなのに、このお値段なら、ということで決めてしまうのでしょうか。
どの声も好評なので、私も興味を持ちました。写真ほどには中身がなかった、というのをよく聞くのですが、そんなこともなく期待を裏切らない。和の物はもちろんですが、息子と夫は洋物が好きなのですが、それも入っていて、家族みんなで楽しめました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ